【青の獅子標】順延でもながれ変わらず終戦

台風による順延でながれが変わることを期待したのですが、ながれは変わることなく終戦。

リーグ優勝しながらもCSでひとつも勝つことができないという屈辱で2019年シーズンが終幕しました。。

スポンサーリンク

10月13日 VSソフトバンク CSファイナル第4戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
H 0 0 1 2 0 2 2 0 2 9
L 0 0 0 1 1 1 0 0 0 3

先発投手 L・本田 H・バンデンハーク

スタメン 8秋山、6源田、2森、5中村、4外崎、3山川、7栗山、DHメヒア、9金子侑。

試合経過

3回に今宮のソロで先制をされると、4回にはグラシアルのソロで先発の本田が交代。代わった平良も甲斐にタイムリーを打たれ0-3とリードを許す苦しい展開に。

それでも4回に山川のタイムリーで1点を返すと5回にもメヒアのソロで1点差に迫り、追い上げムードが高まりますが、直後の6回に今宮の2本目となる2ランで引き離されます。

6回に山川のCS1号ソロで1点を返しますが、7回に長谷川と今宮のタイムリーでまたも引き離されると、9回には抑えの増田が今宮にこの日3本目となる2ランを浴び終幕。

結局、3-9で完敗となりCS4連敗で敗退することとなりました。

雑感

初回の先制点は免れたものの、この日も先制される重苦しい展開。粘って追い上げるもすぐに突き放されるという、少なくとも短期決戦では力の差を感じたゲームでした。

本田もよかったんですが、打たれた2本のホームランは打ってくださいという甘い球。なんか吸い込まれるようにスーッと甘いところにいきましたね。

1点を先制された直後の3回裏に1死1・3塁のチャンス。ここで源田が併殺。。ここでながれを取り戻せなかったのがそのまま尾を引いたような気がします。源田はこのCSでは元気なし。やはりあの華奢な体ですから1年間の疲れが抜けきれないんでしょうね。

それと4回に山川のタイムリーのあとの栗山の1・2塁間の当たりが牧原の好守で阻まれたところ。ここもポイントでしたね。あれが抜けていたらメヒアのホームランがソロではなく3ランになっていた可能性もありましたからね(状況がちがうので単純ではないですが)。

結果的には5打数5安打3本塁打6打点の今宮ひとりにやられた感じですが、内容としてはソフトバンクの総合力に負けた感じ。短期決戦の戦い方を知っていますね。

短期決戦はやはり投手力なのかと。そして早め早めの思い切った手を打てるかどうか。シーズン中と同じ戦い方では突破できない難しさを感じました。

しかし今宮はなにかを掴んだんでしょうね。あれが今年野球YouTube界を席巻した令和スイングというやつなのでしょうか。

さいごに

今シーズンもこれにて終了。今年もCSでの悔しい敗退で終わることになりました。

ただ開幕前の期待薄の感じからまさかの逆転優勝で楽しませてもらえたシーズンでもありましたし、連覇というのは近年のパ・リーグでは難しいものだけにCSで敗退してもその価値は色褪せることはないでしょう。

シーズン終盤の怒涛の追い上げで燃え尽きてしまって、エアポケットに入ったような状態でCSを迎えてしまったような気はしますが、やはり初戦を落としたことが痛かったのかなとは思います。

来季こそ短期決戦の戦い方をしっかり研究して、鬼門のCSをぜひとも突破してほしいですね。

◆編集後記◆
これでしばらくはライオンズネタはお休み。シーズン振り返りくらいは書くかもしれませんが、ひとまず今シーズンもお読みいただきありがとうございました。来季はどうゆうスタンスで書くかは未定ですが、ちょっと疲れてきたのでもう少しライトな感じになるかもしれません。税理士らしいことも書かないといけませんしね^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら